WhatsApp監視-WhatsAppメッセージを監視するには?

日本ではチャットを利用する際に多くの人がLINEを利用していますが、海外ではLINEの他にWhatsAppのサービスを利用する人もたくさんいます。

日本で開発された携帯端末向けのスパイアプリの多くはLINEには対応していますが、利用者の少ないWhatsAppに対応していません。このため、あえて監視されるリスクが低いWhatsAppを利用する人もいます。

WhatsAppを監視する一般的な方法の紹介

Android端末用のスパイアプリでWhatsAppの監視ができる有料のツールが公開されています。最初に専用のアプリを監視対象のAndroidのスマートフォンまたはタブレット端末にインストールしてアカウントを登録しておきます。他のAndroid端末やPCに専用のソフトウェアまたはアプリをインストールしてアカウントを登録すれば、インターネットを通して送信される通信データをモニタすることができます。

WhatsAppに対応したスパイアプリを利用するためには、アプリをインストールする際に監視対象のAndroid端末をroot化させておくことが求められます。root化を行うとデバイスに何らかの不具合が生じる可能性が非常に高く、不正改造とみなされてしまうのでメーカー保証の対象外になってしまうので注意が必要です。

ちなみに盗難・紛失対策用に開発されたスパイアプリのほとんどは、LINEやWhatsAppなどのチャットには対応していません。

WhatsApp

Spyzie(Android版)」を使ってWhatsAppを監視する方法

「Spyzie(Android版)」はWhatsApp監視ができるスパイアプリのひとつです。Spyzieは他のスパイアプリとは違い、デバイスをroot化させなくてもチャットの接続状況に加えて会話の内容まで監視をすることができるという特徴があります。そのため、デバイスが故障した場合でもメーカ保障の対象内で修理が受けられます。

次は「Spyzie」でWhatsAppを監視する手順を紹介します。

Step1.Spyzie(Android版)の入手とアカウントの登録

公式サイトにアクセスして、Spyzie(Android版)究極版のアカウントを登録しましょう。監視対象のデバイスにSpyzie(Android版)をインストールして、公式サイトで登録したアカウントIDを登録します。

Spyzieのアカウントを新規登録

Step2.PCとAndroid端末を同期させる

モニタ用のPCでブラウザを起動して、登録したログインIDを利用してSpyzie公式サイトにログインしてダッシュボード画面を表示させます。
監視をしたいAndroid端末がオンラインであれば、ダッシュボードの画面に表示される地図上にデバイスの位置が表示されます。
地図上にデバイスの現在位置が正しく表示されたら同期は成功で、通話の他にインターネットの接続・アプリの利用状況などを遠隔モニタすることができます。

Spyzieをインストール

Step3.Android端末のWhatsAppなどのデータを遠隔モニタする

PCやタブレット端末などのブラウザを利用して、Android端末のモニタを行います。
ダッシュボード画面左側にメニューが表示されるので、上から4番目の「SNSアプリ」を開いて「WhatsApp」の項目を選択すればチャットの接続状況(日時と時間)や会話内容をリアルタイムでモニタすることができます。過去の会話の内容も表示させることが可能です。

WhatsAppを監視

「Spyzie(Android版)」のメリットはroot化させる必要がないこと、業務用に販売されている他のスパイアプリと比較してライセンス料が低く抑えられていること(8,980円/年)、監視用のPCや携帯端末に何かのソフトウェアやアプリをインストールする必要がないことです。デバイスのroot化をしなくても通話や位置情報をリアルタイムにモニタすることが可能なスパイアプリもありますが、チャットの内容を監視する機能は使用できません。

WhatsApp監視アプリ「Spyzie(Android版)」の以下「今すぐお試し」で使ってみてはいかがでしょうか。

注意:この記事で紹介したすべてのアプリやツールは、合法な使用のみを目的としています。 ご利用の際は、利用規約とエンドユーザー使用許諾契約(EULA)に従ってください。 不適切な使用を行った場合、自己責任となります。
Spyzie Editor

Apr 19,2018 15:34 pm / 編集者: 田村 栄治

Home > How-to > SNSを監視 > WhatsApp監視-WhatsAppメッセージを監視するには?
Top