WeChat 監視-WeChatを監視する方法を紹介

WeChat(微信)とは?

WeChat(微信)とは中国で開発されてサービスが開始されたチャットアプリ・サービスで、世界中で11億人を超える人々が利用しています。中国本土では西側の国で開発されたSNSや掲示板などのサービスを使用することが禁止されているため、多くの人々の間でオンライン上でチャットで会話をする際にWeChatが利用されています。

WeChatアプリやPC向けのサイトは英語や日本語版もリリースされているため、日本を含めて中国以外に住んでいる人も自由に利用することができます。WeChatアプリをインストールすると、チャット機能の他にも便利な機能を利用することができます。

基本的にWeChatアプリはLINEと同等の機能が利用できますが、独自の便利な機能も搭載されています。例えば「紅包」(お年玉)と呼ばれる機能を利用すれば、オンライン上でお金を送ることができます。シェイク機能を使ってテレビ番組やCM・歌曲などの検索をしたり、アプリ上でQRコードを読み込むことも可能です。そのためWeChatは中国以外の地域でも少しずつ利用者が増えています。

WeChat

Spyzie(Android版)を利用してWeChatをリアルタイムで監視する方法

WeChat監視をすることができるスパイアプリは少ないのですが、「Spyzie(Android版)」 を活用すればLINEと同じようにAndroid端末のアプリをモニタすることができます。非root端末でもフル機能の利用ができるので、簡単な操作でインストールや登録が完了します。

次は、Spyzie(Android版)を利用した監視方法の手順をご紹介します。

Step1.Spyzieのアカウントを取得してアプリに登録する

Spyzie公式サイトにアクセスして「ご購入」のページから「Android究極版」のアカウント登録を行います。監視対象のAndroid端末に専用のアプリをインストールして、アカウントIDを登録しましょう。

Spyzieのアカウントを新規登録

Step2.モニタ用の機器(PCや携帯端末)で監視対象のAndroid端末と同期させる

PCまたはタブレット端末のブラウザからSpyzieのサイトにアクセスして、取得したアカウントIDで専用画面にログインします。ダッシュボード画面の地図上に監視対象のスマートフォンの位置が表示されたら同期が成功で、モニタ作業を開始することができます。

Spyzieをインストール

Step3.WeChatの交信状況を確認する

ダッシュボード画面左側に表示されるメニューで「SNSアプリ」を開き、下から3番目の「WeChat」をクリックするとチャットで会話をした内容や交信時刻が表示されます。

WeChatを監視

Step4.遠隔操作でアプリの使用を停止する

Spyzie(Android版)を利用すれば、遠隔操作でWeChatアプリの使用を制限することができます。メニュー一覧の「アプリ」を開いてWeChatアプリの右側に表示されるスイッチのボタンをOFFに切り替えると、Android端末でチャットアプリを起動することができなくなります。

root化端末向けの他社製のツールを利用してもLINEを監視することができますが、WeChatに対応したスパイアプリは多くありません。「Spyzie(Android版)」は非root端末でも全ての項目のモニタが可能なので、root化が困難な最新機種でもWeChatの交信内容を監視することができるというメリットがあります。

WeChat監視アプリ「Spyzie(Android版)」の以下「今すぐお試し」で使ってみてはいかがでしょうか。

注意:この記事で紹介したすべてのアプリやツールは、合法な使用のみを目的としています。 ご利用の際は、利用規約とエンドユーザー使用許諾契約(EULA)に従ってください。 不適切な使用を行った場合、自己責任となります。
Spyzie Editor

Apr 19,2018 15:35 pm / 編集者: 田村 栄治

Home > How-to > SNSを監視 > WeChat 監視-WeChatを監視する方法を紹介
Top